vpn インドネシア

ovo gopay

インドネシア クレジットカード 楽天

鼻うがいでウィルス・大気汚染に打ち勝つ方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年3月現在全世界にてコロナウィルスが人類史上最悪とも言える事態を招いております。
予防手段として、一まずは手洗いうがいが奨励されていますが、今回はその中でも鼻腔咽喉の洗浄に優れた鼻うがいの方法について紹介します。

※この記事は、鼻うがいを勧めていますが、風邪やコロナウィルスの感染防止を保証するものではありません。また鼻うがいには、中耳炎の危険性、雑菌の侵入の恐れが注意して実行してもらうとともに自己責任にてお願いします。

鼻うがいとは

鼻うがい 方法

鼻うがいとは、人間の鼻水や涙と同じ0.9%の塩分濃度の生理食塩水を使って、鼻の中を洗浄します。鼻とのどの奥をすっきり洗い流してくれるので、鼻の中、喉をスッキリとさせます。

鼻うがいは何に効く

ウィルス イラスト
鼻うがいはこんな方、こんな時におすすめ
  • 感染症、インフルエンザ、風邪予防に
  • 花粉症、アレルギー
  • 痰がからむ
  • 鼻が乾燥している
  • くしゃみ、鼻水、鼻づまり
  • 喉が痛い

鼻うがいは鼻腔と咽喉の粘膜を洗い流してくれるので、上記のことで悩んでいる方にはおすすめです。また定期的にやることによって予防にもなります。

※効き目は個人差もあり、人によっては鼻うがいの方法が体に合わない場合もありますのでご注意ください。

もともと鼻うがいというのは、インドのヨガが発症で、インドではひもを鼻から通して口に出し、それをシコシコして洗浄するのだとか…。さすがにそれは恐ろしくてやる勇気がないです。

鼻うがいで気を付けること

鼻うがいをする際に気を付ける点が何点かあります。これを把握したうえでやらないと鼻うがいはかえって危険なものになりますのでご注意ください。

鼻うがい後、鼻を強くかまない

鼻うがいをすると鼻の中に水が残っているので、ついつい強く鼻をかみたくなります。
ですが、
鼻を強くかむのは絶対NG!
鼻の奥に残っている水が耳に入ってしまい、中耳炎になってしまうので気を付けてください。

水道水を使う場合は必ず煮沸を

洗浄する水に雑菌が入っていると鼻の奥に雑菌が侵入して危険ですので、水道水は十分煮沸して40度程度に冷ましてから使用してください。
ディスペンサーの水などを使う場合はそのまま熱湯と水で温度調節してつかっても問題ないと思います。

ただ、インドネシア在住の方で、ディスペンサーにアクアを使っている方は、できればプリスティン等を使っていただくほうがいいかなと思います。
アクアはけっして品質は褒められたもんじゃないそうなので…。
インドネシアの方は、水道水はもってのほか、煮沸しても使わないでくださいね。
その他の国の方はすいません、水事情が分からないのでご自分で調べてからお願いします。

鼻うがいに必要なものは?

鼻うがい 材料
鼻うがいに必要なもの
  • 500ml位の清潔なボトル(マグカップ等でもできます)
  • 煮沸した水、または清潔なミネラルウォーター、精製水
  • 食塩(0.9)%分

食塩は、ミネラルなど不純物も入っているような天然塩などよりは、いわゆる塩化ナトリウム、精製された食塩のほうが余計なものがはいっていないのでいいです。

日本国内なら鼻うがい専用ボトルが便利

ボトルは、日本国内では専用の器具も販売されていますので、より簡単に手軽にできます。

洗浄剤も販売されていますので、わざわざ塩を図って食塩水を作ってというのが面倒な方には、専用剤なら溶かすだけで使えます。医療用塩化ナトリウムを使用していたり、ミントの香りがついていたりと、より安全、より快適なものもあるのでおすすめです。

海外では鼻うがい専用ボトルはないけどどうする?

さてインドネシア在住の著者は専用ボトルがないため何を使っているかというと、

鼻うがい マイボトル

いつかどこかのモールで飲んだマンゴージュースのボトル…。
大きさもそこそこ大きくて、飲み口の大きさもちょうどよく重宝しております。
基本的には、清潔なボトルであればなんでもいいですよ。モールでうっている水筒とかでもいいですし、マグカップなんかでもできますよ。

鼻うがい洗浄液の作り方

  1. 水道水を煮沸する(ディスペンサーの場合は省略)
  2. 熱湯に0.9%の食塩を混ぜて溶かす
  3. 水道水の場合はそのまま人肌よりやや温かいと感じる程度(40度位)まで冷ます。 
    ディスペンサーの場合は、塩を溶かした熱湯に3倍程度の常温水を混ぜる

0.9%なので500mlなら4.5g、1Lなら9g程度溶かします。ただ、そこまで厳密じゃなくてもだいたい0.9%程度ならOKですよ。
水温もだいたい人肌、もしくは人肌より少し暖かい程度です。
煮沸した水に食塩を入れて温かいと感じる程度まで覚めるのを待つか、熱湯:水を1:3程度で混ぜると少し温かいくらいの温度の水ができます。

鼻に水を入れてツンとしないの?

塩分は体液と同じ0.9%くらいにしているので、体に浸透します。
水温もやや温かいくらいにしておくと、体内にある体液と同じくらいなのでツンとしません。
塩分濃度と水温がややずれていると、最初に入れた瞬間はややツンとする場合もありますが、続けて入れているとすぐに気にならなくなるので安心してください。

これをたとえば、真水でやろうとするとツンとなって頭まで響いて、とてもできたものではありません…。人間の体ってすごいですね。

鼻うがいの方法

鼻うがいの方法は大きく分けて2つあります。

  • 片方の鼻から吸ってもう一方の穴からだす
  • 片側の鼻の穴から吸って口からだす

周りにこぼれますので入浴時にやるのがおすすめです。

鼻から鼻へだす

鼻うがい

やり方は、まず顔を地面と水平にします。
そして上側の鼻から洗浄液をだします。
すると、そのまま下側の鼻からつーっと勝手に流れ出てきます。
自然に入っていてツンとも来ないので安心してください。
片側ずつ何回か交代で洗浄してください

コツは「エーッ」と言いながら流し込むと鼻から鼻へ流れやすくなります。

鼻から吸って口から出す

鼻うがい コップ

鼻から鼻へと比べるとやや上級むけになります。
マグカップを使う場合もこのやり方がやりやすいです。

顔は前を向いたままで大丈夫です。
まず洗浄液を入れないほうの鼻を指で押さえて鼻の穴を閉じます。
吸い込む方の穴に洗浄液を付けて、鼻から息を吸って吸い込みます。
片側の鼻は閉じていますので、鼻から出ずにそのまま喉のほうへと下りていきます。
ただし、この方法、慣れるまでは、結構な確率でむせます(泣)。ご注意を!
その代わり、鼻から鼻では取れない鼻と喉に引っかかっているような痰などがスルッと取れていく感覚があり、よりスッキリとします。

鼻うがい後の処理

鼻うがいをしていると、ネバとネバとした粘膜が流れていき、鼻と喉がサラリとしていきます。
終わったら軽く鼻をかんで中の水を出してください。
頭を下に向けてかむと出やすいです。
何度も言いますが強くかんではだめですよ!
ゆーっくり優しくね!♡


鼻の奥に残っていると、しばらくしてからも下を向いたときにサラーっと出てくる場合があるので気を付けてください。

鼻うがいですっきりして健康な生活を!

というわけで鼻うがいの方法を伝えてきました。
2020年3月現在、コロナウイルスにより世界がとんでもないことになっております…。

鼻うがいをすれば防げるかは、わかりませんが、一人一人が健康に注意して生活することも大切な一つです。
この状況が少しでも早く良くなることを祈っております。

コメント